音の風に乗って 脱力について
MENU↓ [テキスト文字=開く] [ =マウスを乗せると閉じます。又は、プレビュー]
コメント(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


脱力についての講座の内容を ずっとアップ出来なくてすみません!

ピティナの指導講座の第3講座のことです・・・何日経ったと思ってるの!ですよね~。。(- -;)


脱力については 川染雅嗣先生の講座でした。

先生も お若い頃にとても苦労をされたようで
大学の時は 脱力だけを散々練習なさった期間があったとか。。


まず 私が随分前に恩師に教わった脱力体操と同じものを ご紹介下さいました。

① 立って姿勢を整え 腕を肩の高さまで水平に上げます。
  (前でも横でも可。私は恩師のところで いつも横に腕を上げていました。)

② 指の付け根から先 の 力 だけ 抜きます。

③ 手首から先 の 力 だけ 抜きます。

④ (横に腕を上げた場合のみ) 肘から先 の 力 を 抜きます。
  (肩から肘は床と水平、肘からは直角に折れてブラブラの状態)

⑤ 肩から先の力を抜き 自然に腕がパタンと降りるに任せます。


これは 力の抜き方を実感するのに効果的だと思います。

習得には個人差があり、1ヶ月や2ヶ月の練習ではなかなか出来ないこともありますが、
とにかく継続し続けることですね!


もうひとつは 落下の運動です。

それは 先生がポーランドに留学なさった時に教えを受けたギェルジョード教授に
嫌というほどさせられた練習だそうです。

① ピアノの前に座り 親指でCの音を弾くような形になる

② その手のフォームを崩さずに 腕を肩の高さまで上げる (肘から全部持ち上げる)

③ 鍵盤に向かって 落下させる

④ バネのように2、3回上下動した後と止まったら 運動を始める前の状態に戻る


熟練してくれば 和音で行い 徐々に音域を拡大してオクターブまで拡げます。
片手ずつ練習し、両手に発展させます。


以上のふたつを 実践を含めてご指導頂きました。


これが何よりわかりやすいのは 実際にやってみせることなのですが・・・

此処ではそれは出来ないので
川染雅嗣先生の著書 『明解ピアノ上達法』 の中の写真を見て頂くと良いかと思います。


私も講座の折に購入したのですが、

姿勢と身体の各部分の使い方、レガート奏法はどうすればできるか、
脱力、基本音型(スケール、アルペッジョ、同音連打、アルベルティバス)について、
ペダルの構造について・・・の基礎編と、

チェルニー50番、ショパンのエチュード、バッハ、ベートーヴェンのソナタについて、
ペダルの使いこなし方について、暗譜の仕方、楽譜の選び方について・・・の実践編、

そして 付章として 主な作曲家のプロフィールまで載っていて
とても 実践に直結した本です。


機会があれば ぜひご覧になって下さいね。



脱力については 本当に難しいですが
とにかく 根気よく 諦めずに繰り返し練習することです!

生徒さん達が 心地良い美しい音色を奏でられるように
私も もっともっと 根気よく指導していきたいと思っています♪


<<更新が途絶えてしまいました(- -;) | ホーム | 6月のステップが終わりました>>

comments
☆---
こんばんは!

パソコンの前で、腕を横に伸ばしたりしながら読ませていただきました(笑)
ありがとうございます。

生徒さんに脱力を伝えるのがとても難しくて、無駄な力を抜くということがこんなにも難しいことなのかと色々考えていたところです。

実は、まりこさんの紹介してくださった本も、早速注文しました。

色々教えていただいてばかりですが、これからもよろしくお願いします。


【2008/06/19 21:44】 URL | まりはん #-[ 編集] |

☆---
まりこさん、こんにちは^^

私もやってみました。だら~ん、とした感覚がわかります^^
先生から脱力についてはいつも言われているのですが、本当になかなかです。左手は特にです(涙)

ご紹介して下さった本、私も注文しました^^届くのが楽しみです^^


【2008/06/20 07:24】 URL | mayumi #-[ 編集] |

☆-コメント有難うございます♪--
まりはんさん、mayumiさん
コメント有難うございます♪


☆まりはんさん

脱力って指導が難しいですよね…。
私もいつの間にか出来てしまったので、どう生徒さんに伝えたら良いか最初はよくわからず、恩師に上の体操を教えて貰った時、なるほど!と。。
でも、なかなかすぐに習得出来るものではないので、実際は、指導も根気が大変必要です。
小さい子に伝えるには、どう根気を持続させるか・・・ということが、もうひとつの課題です。。
楽しくないと、続きませんからね^^;


☆mayumiさん

本当にお待たせして、申し訳ありませんでした!
少しでもお役に立てれば良いのですが・・・

そういえば、電車の中で揺られながら、肩から脱力してみる・・・と仰っていた先生もいらっしゃいましたし、私の大人の生徒さんは、乗馬型のダイエットマシーン(ロデオボーイ・・・だったかしら?)に乗りながら、脱力を感じて腕をブラブラさせてみている、という方も^^

そうやって、色々脱力の感覚を身に着けることをやってみて、それから2番目に紹介した方法でピアノを打鍵してみると良いかもしれませんね。

一日も早く“あ!これだ!”と思える日が来ることを祈っています♪ 
頑張って下さいp(^-^)q


【2008/06/22 23:06】 URL | まりこ #-[ 編集] |



please comment














管理者にだけ表示を許可する



trackback
trackback url

http://marikopiano.blog96.fc2.com/tb.php/96-2fc56921


| ホーム |



skin by Dreamy

Entries         

Comments        

Trackbacks        

Category        

Link          

plugin_third       

[最近のコメント]

plugin_first        

plugin_second         

[プロフィール]

まりこピアノ

Author:まりこピアノ
ピアノの生徒さん達と
驚きと発見の日々を 楽しんでいる
主婦で 3児の母です♪

[メールはこちらから。。]

名前:
メール:
件名:
本文:






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。