音の風に乗って タッチと音色についての補足
FC2ブログ
MENU↓ [テキスト文字=開く] [ =マウスを乗せると閉じます。又は、プレビュー]
コメント(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


先日の記事への補足です。

この講座は、中級の指導を対象にした講座でした。

指導者向けなので、ちょっと細かい内容になっていますし、
低年齢のお子さんだと余計に混乱してしまわないよう、伝えるのに工夫が必要だな、
と思いました。

何より、曲やフレーズに合った表現があるので、
“出したい音色に応じてタッチを考えていく”・・・ということが必要ですね。

それは講師が決めるのではなく、生徒さん自身が選んでいくことが出来るのが理想。

その為にも、“自分なりの”様々なタッチと音を研究することが大切だと思います。
答えはひとつではありませんから^^

長谷川先生も最後に仰っていましたが、タッチや一音一音に拘り過ぎて流れや
表現したいことが疎かになっては元も子もないのです。

何より一番大切なのは、曲を楽しみ、歌い、心から感じるものを表現すること。
そのための手段として、色々知っておく、ということですね^^

あまり深く考え過ぎて、手段が目的にならないように気をつけたいものです♪


<<6月のステップが終わりました | ホーム | タッチと音色の関係>>

comments
☆---
こんばんは!

先日の記事もゆっくり読ませていただきました。
私まで勉強させていただけました。ありがとうございます。

こんな名前がついていたのか!!とびっくりです。
表現したい時に、どういうタッチで弾くか、こういう音を出したい時にどうするか。。そういうためのタッチですものね。

中級レベルになったときに、そういうことが自分で考えられるような土台を初級のうちに身につけておければいいですね。
どうしたら土台が作れるのか模索しなきゃですが。


【2008/05/29 22:45】 URL | まりはん #-[ 編集] |

☆-こんにちは~--
こんにちは!
しばらくネット出来なくてお返事おくれました。
もちろんリンクOKです。
こちらからもリンクさせてください(*- -)(*_ _)ペコリ

よろしくお願いします!


【2008/06/01 23:07】 URL | すみれ会 宮本 #k9MHGdfk[ 編集] |

☆-返信遅くなりました!--
なかなか返信出来ず申し訳ありませんm(_ _)m


☆まりはんさん

実はこのタッチの名前は、定説、というわけではなくて、長谷川先生ご考案なのです^^
それにしても、きっと膨大な量の資料(ビデオなど)をご覧になったり、実際に弾いて研究した上での内容と想像出来、本当に頭が下がります。
私は足元にも及びませんが、それでももっともっと色々研究せねば!

初級でこの素地を作る為には、やはり“初級に必要なタッチ”の中で、どんな音色が生まれるかを意識して貰うことでしょうね。
私も色々レッスンで言葉掛けしては試して貰っていますが、まだまだ足りない・・・と感じています。
もっともっと研究が必要。頑張ります♪


☆宮本さま

返信前にリンクだけさせて頂いちゃいました!
ご了承下さって、有難うございます♪

私のブログにもリンクして頂けるなんて、嬉しいです^^
どうぞ宜しくお願いします。

またいらして下さいね~♪


【2008/06/03 03:54】 URL | まりこ #-[ 編集] |



please comment














管理者にだけ表示を許可する



trackback
trackback url

http://marikopiano.blog96.fc2.com/tb.php/94-bb674341


| ホーム |



skin by Dreamy

Entries         

Comments        

Trackbacks        

Category        

Link          

plugin_third       

[最近のコメント]

plugin_first        

plugin_second         

[プロフィール]

まりこピアノ

Author:まりこピアノ
ピアノの生徒さん達と
驚きと発見の日々を 楽しんでいる
主婦で 3児の母です♪

[メールはこちらから。。]

名前:
メール:
件名:
本文:






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。