音の風に乗って 涙のレッスン
FC2ブログ
MENU↓ [テキスト文字=開く] [ =マウスを乗せると閉じます。又は、プレビュー]
コメント(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


こんな時期ですが
生徒さんが ふたり 巣立ちます。。


先日 ひとりの生徒さんの ラストレッスンでした。


音楽が大好きな女の子。

身体の内側から湧き出るリズム感があって 
歌心も持った生徒さんでした。

一昨年位から ようやく 今迄苦労してきた打鍵の癖が取れ
技術的にも随分伸びてきて 素晴らしいリズム感と歌心が
音として表現出来るまでに成長してきていました。

でも、ちょうど これから・・・という時期に 中学生になり
体育系の部活に。。


毎日の練習が不可欠なピアノ。

勉強とスポーツとの3本立ては 何事にも真面目に取り組みたい彼女には
やはり プレッシャーだったようです。。


それでも 小学生の間に 
ピアノの本当の楽しさが解るレベルに差し掛からせてあげられていたら 
何か変わっていたような気がして・・・

私の指導者としての力不足に反省が残りました。。


ずっと音楽が大好きで 音楽的にも優れたものを持っている生徒さんです。

私とのお気に入りの曲の連弾でラストレッスンを終え 
涙を流した彼女を見て
心の中の音楽の火は 今も しっかり灯っていることを感じました。
 

いつか きっと また
ピアノの世界に戻ってきてくれたら・・・そう思います。



<<ラストレッスンが終わって。。 | ホーム | ちょっと頑張っちゃってます^^>>

comments
☆-つらいですね・・・--
まりこさん、私もよく経験あります。やはり、中学生になってからは勉強(塾)や部活で手一杯のようです。

今の現代では、そんな忙しい中で息抜きでピアノを・・という考え方は難しいのかも知れませんね。

本当は通い続けたいのに・・という気持ちがひしひしと伝わりました。

又きっとピアノに向かってくれる日が来ますよ。
まりこさん、元気を出してくださいね。


【2009/07/04 00:50】 URL | リゴレットパラパラ #BlJcu2N2[ 編集] |

☆-コメント有難うございます!--
リゴレットさん 有難うございます。

今迄にやめてしまった生徒にもそうだったのですが、やっぱりとても残念なんですよね。
色々反省も残りますし。。

ただ、今回は、お母様からも、音楽を愛する彼女の気持ちをお聞きすることが出来て、それが私の救いになりました。
少なくとも、音楽がこれからもいつも傍らにあって、自分を励ましてくれる・・・そんなことを感じて過ごして貰えるなら、私のひとつの指導目標は達成していますから(*^-^*)

勿論、いつかピアノを弾きたいっていう気持ちが沸々と沸いてきて、「この曲ちょっと見てください」って声を掛けて貰える日が来たら、とーっても嬉しいんですけどね^^

それから・・・教室から送り出した後に何より一番寂しいのは、音楽での繋がりだけでなく、師弟として培った人間関係そのものが崩れてしまう場合・・・。
出来れば、何かの折に思い出して貰える関係を作っていたいなぁと常々思います。
やめてしまった生徒さんとも、時にはお茶を飲みながら、他愛も無い話が出来れば、何より嬉しいですね♪

そんな関係を築いていけるよう、これからもまっすぐに生徒さんと向き合っていたいと思います!


【2009/07/05 01:00】 URL | まりこ #-[ 編集] |



please comment














管理者にだけ表示を許可する



trackback
trackback url

http://marikopiano.blog96.fc2.com/tb.php/137-b6cfcc5e


| ホーム |



skin by Dreamy

Entries         

Comments        

Trackbacks        

Category        

Link          

plugin_third       

[最近のコメント]

plugin_first        

plugin_second         

[プロフィール]

まりこピアノ

Author:まりこピアノ
ピアノの生徒さん達と
驚きと発見の日々を 楽しんでいる
主婦で 3児の母です♪

[メールはこちらから。。]

名前:
メール:
件名:
本文:






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。