音の風に乗って 2008年07月
MENU↓ [テキスト文字=開く] [ =マウスを乗せると閉じます。又は、プレビュー]
コメント(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


今 「子ども」と呼ばれている皆さんに伝えたいこと。。


可能性 というのは 無限大です。

そんなの 言葉としては聞き慣れている と思うかもしれませんが
この言葉は 真実です。



周りのお友達と比べて 自分は遅れている とか 劣っている とか
そんな風に思う必要はありません

周りの人と比べることなんて 無意味です。

だって 人にはそれぞれの 「マイペース」があるのです。
そして それぞれの 「時」があります。

焦る必要なんてありません。


例えば

10歳を過ぎてピアノを弾き始めて ピアニストになった人も居ます。

趣味でギターを弾いていた人が 高校2年の時に急に音大でコントラバスを学びたくなり
なんと東京芸大に入ってミュージシャンになった・・・という例もあります。

音楽以外の世界にだって いろんな方が居ますよ。

60歳を過ぎて 余命半年と宣告されて呆然となっていた時
命あるうちにやりたいことを・・・と 着物のことを色々学び始め 着装の先生になり
気づいたら 80歳を超えていた という方も。

此処では 私の知っている全てを挙げることは出来ませんが
それ以外にも 生きている間中 どんな歳になっても

思い立った その時に 自分に出来る努力をして 
他の人の為になる何かを残した人達 色々な形で豊かに生きた人達 が居ます。

その方達に共通していえることは
「私には もう 出来ない」と 諦めたりしなかったこと。


人には 生きている限り 未来があります。

その未来がいつまであるか なんてことも 誰にもわかりません。
(・・・上の着装の先生のように、余命半年って言われても 
結局20年以上生きた方がいらっしゃるのですからね。)


自分の未来に何があるか・・・ それは 自分をいかに信じるか に掛かっています。

どうぞ 自分の未来に 小さな“枠”を・・・“囲い”を作らないで下さい。

自分の努力次第で 人間はどんなことでも出来ます。

「何歳までにやらなくては この夢は叶えられない」等ということはありません。


自分を信じましょう 

自分の未来を信じましょう


大きく広がる未来を どこまでも信じて 生きてください



スポンサーサイト

先日の記事を 思いのままに書いてから
色々と補足したいことが出てきました。


そして mayumiさんから頂いたコメントを読んで
悩んでいるままではありますが 少し整理が出来たように思います。



私のレッスンのメインテーマは
いつも “音楽を愛する人を育てること”


ですから

先の記事のコメント返信でも述べたように

練習出来ないなら出来ないなりに
本当に音楽を楽しめる為の素地作りに
専念するレッスンをしてあげたい・・・と思っています。


ただ・・・

練習をせずにいると 
ピアノを弾く という技術を伸ばすことが出来なくなり

「自分はピアノがあまり上手じゃない」 とか
「趣味で出来ればいいのだから」とか
子どものうちに そんな風にしかピアノと関われなくなることは

結局のところ 長く続ける為に必要なモチベーションも
下がってくることが多い・・・と 感じています。。


講師としては、本当に悩むところです。。



でも

人はそれぞれ 違った感覚を持っています。

だから 答えはひとつじゃないはず。


私としては ありったけのアイデアでレッスンをし

その中で 何かひとつでも 
生徒さんが音楽の楽しさを 心から感じ取ってくれるものが見つかれば

その時 本当の「やる気」が生まれるのだ と信じています。







時々 どうしたものか・・・と考える 子ども達の時間の無さ・・・

見ていて 可哀想になります。。


私達が子どもの頃は 今の子ども達のように時間に追われたりなんてしませんでした。

私も中学や高校の時は 毎日下校時間ギリギリ迄 部活を精一杯やって
帰宅後は2時間以上ピアノの練習をし
それでも 時間に追われている なんて 思ったこともありませんでした。

やりたいことはやっていたし・・・ 


私の生徒さんの殆どは 小学生と中学生ですが
一日最低2時間は練習して・・・なんて言い出せないのが現状です。。

小学生はまだしも 中学生は たった10分の時間を取るのが精一杯という子も・・・


ふと感じたのですが
部活がスポーツ部であるから ということも 大いに影響していますね。

クタクタになって帰宅しているので 
ピアノの前で 弾けない箇所をしっかり反復練習する気力が無くなってしまうんですよね。

それで 面倒になってしまう。。


塾のお勉強は“宿題”という意識が強いからやります。

でも ピアノは 課題を“宿題”だという風に 意識していないのでしょう・・・


・・・これは私の伝え方にも問題があるな・・・と反省。


ただ その部活について ちょっと考えてしまいました。


この地区の公立中学には 文化部が たったのふたつしかありません。

吹奏楽部 と パソコン部・・・

特に 意義のわからないパソコン部(・・・パソコンというものは何かの手段でしかないのに
何が目的の部なんだか・・・)は 顧問の先生がパソコンの使い方の解らない人とのことで
やっばり活動自体の内容が殆ど無いらしく。。


こんな 選択肢のない文化部に入る子は 殆ど居ないわけです。


それで 殆どの子は皆 スポーツ部に入ります。



私自身の昔を考えてみても
やっぱり 中学高校時代は 学校の部活が何にも増して大切でした。

友達との関わりにおいても 部活が中心。


だからこそ 子ども達が 自分のスタンスに合った部活を選んで欲しい・・・と
私は思うのですが

こんな風に スポーツの中でしか部活を選べない状況の中では 大抵の子は
毎日の練習が必要な 楽器の演奏は 本当の意味で続けられなくなってしまいます。

だからといって 友達との繋がりを密に出来る部活をやめるのは
あまりお勧めしません。。


文化部をもっと増やして! と すぐに働きかけられるものではないけれど
ちょっと愚痴りたくなってしまいます。。




でも・・・

こんな風に愚痴っていても 前に進みませんからね ^^;


ピアノの課題は 塾や学校の宿題と同じで しっかり取り組んで貰わなければならない
ということを 生徒さん全員にもっと伝えていこう と思います。


アドバイスされたところを直してくるのも 宿題
初めて貰った曲を 全て通して弾けるように練習してくるのも 宿題

そういう意識が明確であったほうが もっと練習しなくては と思うのかもしれない と。。


ピアノは 好きで弾いてほしい ・・・という思いで 
今迄は なかなかそういう方向で指導できずにいたのですが

塾や学校の宿題より優先順位が低いのは とても残念で
ここのところ ずっと考えていたのです。。


子ども達にとっては ピアノに対する私の姿勢が真剣であることを もっと明確に
伝えたほうがいいのではないか

真剣であるからこそ 宿題に真剣に向き合ってくれないことが残念なのだ ということを
正面からぶつけることもあって いいのではないか・・・と。



確かに
忙しい中では ある程度の優先順位をつけて行動することが必要です。


例えば

夢みている職業に就く為にはお勉強もトップクラスでなくては とか
オリンピック選手が夢 とか

そういう 明確な夢の為に ピアノを二の次にするなら それもOKかもしれません。



でも そうでないなら 
今は 勉強も部活もピアノも 将来への選択肢として残しながら 
しっかり努力をし続けて欲しい と思います。


好きなピアノをやめたくならない為にも

本当に必要なことは
努力を怠らず 前に進むことだ と 気づいて欲しい・・・


その為に 私に出来ることを 試行錯誤する日々です。。

講師としても 親としても。。



・・・思いついたままに書いていたら とりとめのない文章になってしまいました(>_<)


とにかく 

私自身が言動一致できるよう 努力を怠らないようにしなくちゃ!!

・・・それが一番の 課題だったりして・・・。。

生徒さん達に “1週間に一度は見て下さいね”と言っていたブログですが
近頃は なかなか更新出来ず 申し訳ありません!!


末っ子に 少しは同い年の子と交流させなければ♪ と
キッズサークルに入ることに決めて
私の性格上 班長を引き受けた・・・のは 良かったのですが

七夕パーティの担当班になったら 思ったより準備が必要で

5月から 時々集まって準備し始め
6月はペープサートの練習など・・・多い週は週3回集まったり(!) と
幼稚園の役員並みに 班の皆さんと頑張っていました ^^;

来週は 図書館ボランティアをしている者 と して
キッズサークルで “絵本とわらべうたの会” を 担当する予定で
これまた 準備に追われています。。



ピアノのほうは 本当は色々とこちらに書きたいことがあったのですが・・・


まずは 一番新しいニュースから。

先週末は 我が子達が 初めて 横浜菊名ステップに参加しました。

初めてのホール 初めてのピアノで 随分戸惑ったようで
いつも通りの演奏・・・とは いかなかったようです。

こういう “初めての場所 初めて弾くピアノ” で いつもの音を出す・・・ということは難しく 
指導者としては どうアドバイスしたものか 悩むところですね。。


コンクールに生徒さんを出していらっしゃる先生方は どのように対策をなさっているのでしょうか。。



先月 ピティナ千葉支部で発足した 指導研究会に
“待ってました!” とばかりに 会員として登録したのですが
末っ子を看てくれる主人の 仕事やPTA会合の空き予定 と 会の開催日が合わず 
未だ参加できずにいるので

今後 出席できる時には ぜひ諸先生方に聞いてみたい と思っています。


此処に来て下さる方にも ぜひご意見を伺いたいと思います。
よろしくお願いしますm(_ _)m


今日は なんだか 支離滅裂な記事になってしまいましたが・・・


また頭を整理して 出直します~!
【2008/07/08 22:26】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |






| ホーム |



skin by Dreamy

Entries         

Comments        

Trackbacks        

Category        

Link          

plugin_third       

[最近のコメント]

plugin_first        

plugin_second         

[プロフィール]

まりこピアノ

Author:まりこピアノ
ピアノの生徒さん達と
驚きと発見の日々を 楽しんでいる
主婦で 3児の母です♪

[メールはこちらから。。]

名前:
メール:
件名:
本文:






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。