音の風に乗って 2008年01月
MENU↓ [テキスト文字=開く] [ =マウスを乗せると閉じます。又は、プレビュー]
コメント(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


これまでもずぅっと 色々と考えてはきたのですが

どうしても レッスン時間が延長してしまいがちです・・・

よって 次の方を待たせることになり ご迷惑をお掛けしていて・・・
・・・ずぅっと 悩んでおります。。


以前は レッスンとレッスンの間に空白を入れることで
なんとか調整していたのですが

今の私には そうする時間的余裕がない・・・

いえ、結局レッスンが終わるのが遅くなる日が多いのだから
そうしても良いのかもしれないのですが

時間設定をちゃんと設けているのだから
その時間内に終わらせることも 講師の技量・・・とも思い
“工夫が足りないのでは?” とか 改善を試みようと思ってきましたが。。

一向に・・・    はぁ~。。


私の教室では 初級までは1人30分で設定していますが
バスティンでは 色々とやることも多く
また 併用曲も持たせて 毎日練習する曲はある程度多くしたいので
なかなか レッスン時間内に終わらせるのが難しい・・・

もちろん 全部を同じ比重で見るわけでもないし
全曲見られない日は 次回に持ち越すこともしている(バスティン先生のやり方です)
のですが それでも 本音は かなり時間が足りないのです・・・


例えば 基礎的なこと・・・例えば 脱力 重心(指先の支え)のこと 
手首の動き等・・・を 今しっかり教えたい ということも多く

そうすると それだけで殆どの時間が費やされるので
曲を進ませてあげるに至らない。。


長い目で見れば 焦ることはない・・・と自分でも言い聞かせていますが
それこそ 何週も同じ曲をやるのは 小学生の生徒さんにとっては苦痛でしょうし

(もちろん 余程の曲でない限り 1曲1~2回のレッスンで○をあげますし
レッスンできなかった曲は次回にレッスン出来るよう レッスンノートに記載しています。
それでも 練習しているほうにしてみたら 1ヶ月近く練習しているのは苦痛ですよね~。。)

色々試行錯誤を重ねていますが・・・なかなか。。

30分をこう進めよう・・・と大まかに予定していても 生徒さんの状態を見ながらですから
思い通りになんて進まなくて当たり前ですしね。


まだまだ 拙い講師です・・・(- -;)
同業の先生方 皆さんどうなさっているのでしょうか。。

コメント お待ちしておりますm(_ _)m



スポンサーサイト

本日 グループレッスンを受けていらした15名の生徒さんを集めての
「あけましておめでとう」グループパーティが 無事終了しました(#^.^#)

久しぶりに 大騒ぎの時間でしたが 私もとても楽しみました♪


まずは バスティンのフラッシュカードを使っての
「15秒で何枚答えられるか!?」ゲーム♪

まだ5線譜を習いたての生徒さんは ハンデとして 25秒にし
全員順番にやって貰って グループの平均を出し
それをそのまま点数にしました。


それから 聴音クイズ♪

弾いた音の音程と上行か下行かを当てるクイズで
グループで相談OK ということにしました。

(本当は単音聴音や和音聴音、2つのフレーズの違いは何?
・・・という聴音もやる予定だったのですが、時間の関係で 
残念ながら音程聴音のみに。。)


それから 音楽カルタによる カルタ大会。

習った音符や休符、速度記号、表現記号等 色々な内容で
ハンデを付けながら グループで協力して頑張りました。

もうひとつは 調号の読み取りをし そのスケールを弾き 
主要3和音を弾く というクイズ

(生徒の進度によっては バスティンの導入でやってきた 
全調の5指ポジションとⅠ、Ⅴ7の和音を弾くことにしました。)


と・・・此処までで約1時間半。


そこで3時の ケーキタイム♪

シュークリームやブッセなどのお菓子と 好きなジュースを選んで
わいわいがやがやとおしゃべりしながら 頂きました(^-^)


その間に 私は グループ毎の点数を集計・・・


1位は流石に 小学5、6年生の一番進んでいる子のグループでしたが
2位以降は 本当に僅差で 私としては 皆よく頑張ってくれた と思います♪


お菓子タイムが終わったところで 賞品贈呈式~

そして 特にいつも 練習を頑張っている子に 特別プレゼントを渡しました。

習い事のある日もしっかりピアノを練習している子 や 練習をする時に
殆どの日は1時間以上練習できている子 の中で
練習内容も 私からのアドバイスをしっかり意識して 次回のレッスン迄
苦手な部分の克服に懸命な生徒さん という観点で選びました。

もちろん そのように皆にも伝えた上で
「今後は おさらい会等の場でも 特によくやっている人は表彰を考えています。」
「今回貰えなかった子は これからもしっかり 先生のアドバイスを意識して
頑張って下さいね」
と 話しました。


特別プレゼント・・・
それぞれがこれにどのように反応してくれるか、次のレッスンまで ドキドキです。。


それにしても
個人個人の今後のレッスンでの復習のポイントも 色々と見えましたし(^-^)v、
私としては とても実りあるパーティでした!

生徒さん達も 喜んで下さっていたらいいなぁ。。



また 保護者の方々から 生徒さんがご帰宅後にどのように話していらしたか
ご感想お聞かせ頂ければ嬉しいです!




リゴレットパラパラさんの記事から、トラックバックさせて頂きます。

躾・・・ということに関しては 今のところ 私の生徒さんでびっくりするようなことは
まだ無いのですが
もしあったとしたら 私はお母様を気にせず 叱ってしまうでしょうね・・・^^;

マナーというものは 私は 何処で学んでも良いと思っているのです。
親から学べなければ 他の大人から学んでも良い と。

逆に 親が躾けようとして 何度も 何年も 言ってダメだったのに
他の人から言われたら パタッ とやらなくなった・・・ということも多いですからね~
(子育て3人分やっていると 日々実感しております・・・(- -;) )

私は 結構 ビシッと注意する 「近所のおばさん」 なんです~p(^-^)q
但し 叱る時に理由は必ずハッキリ言いますし 
もし親御さんから文句が出ても ちゃんと説明すれば良い と思っています。
(そういう部分は強いです。(笑))


で・・・躾のほうは 生徒さん達は結構良い子ばかりなので
それとは違って レッスンに集中できない場合のお話をしようと思います。


私のお教室では、まず最初の面接の時に、絵を描いて貰ったり、
数字やお名前を書けるか(または真似して書けるか)、お話をどのくらい聞けるか、
リズム打ちの真似、お歌、高い低いなどの聴音など、お遊び感覚で体験して貰い、
その子の発育がどの位かを見させて頂いています。

その上で すぐにピアノメインで入れるか、リトミック等のような部分を長くするか等、
その子に合った方法を探るきっかけを見つけるのですが、
それでも、たかだか30分一緒に居るだけでは、見えない部分が殆ど・・・

幼稚園くらいのお子さんの場合、なかなかレッスンに集中できない子も居ます。


レッスン自体に集中出来なかったり 私の話に耳を傾けて貰えないと
確かに 進度が遅くなってしまいます。

そのことは 私自身もやはり気にはなりますし どうしようか・・・と悩むところなのですが

一緒に付いていらしているお母様方は とにかく 気が気じゃないご様子ですし
しっかりしたお母様の場合は 私に失礼だとさえ感じていらっしゃるようです。。


ただ・・・私のほうはというと

お母様方が気にしていらっしゃるほどは 辛く感じてはいなくて
逆に そういう“破天荒”タイプのお子さんを 頼もしく見させて頂いているんです(^-^)


実は これには訳があるのです。


私が そういうタイプの生徒さん達と出会う 随分前のこと。

たまたま出席した講座で とても良いお話を聞けたのです。

その先生は沢山の生徒さんをコンクールに入賞させている実績のある先生なのですが、
その生徒さんの中には 今迄に 何人か レッスンにならない生徒さんが居たそうです。

ピアノの下にもぐって出てこない子 
椅子に座るのは一瞬でバタバタやりたいことだけやっている子
好きなようには弾くけれど レッスン曲は一切やるつもりのない子・・・

そこで・・・ 
その先生の素晴らしいのは
そのお子さんとの信頼関係を築けるまで とにかく“お父さん”のように
一緒に遊び続けたのだそうです。

生徒さんがやることを 一緒に自分もやってみる。。
レッスン時間に公園に行って 思いっきり一緒に遊んだことが何度もある とか!


私も レッスンとは違う時間に 何度も経験がありますが
子ども達って 本気で子ども達の視線になって 一緒に遊ぶと とても喜んでくれて
次に会った時には それ以前よりずっと 距離を縮めてくれます。


ですから その先生の信頼構築の方法に 大いに頷いたのでした。


そして もうひとつ。 その先生の仰ったことに頷いたのは、

「そういう“破天荒”な子の そういう部分を 例えば大人が叱り付けて止めさせると
子どもは萎縮して 個性的な部分を閉じ込めてしまいがちだ。」

「そういう子は 逆に芸術的にも良いものを持っていることも多いし
一度音楽を奏でることが好きになると とことん頑張ることも多い。
だから 大物になることも多いんですよ。」 

というお言葉。


そして その先生は 

「そういう子も 小学生 遅くとも高学年にもなると ちゃんとお座りしてこちらの話を聞き、
全然遊ぼうとしないんだよね~。 面白くないから 以前みたいに遊べよって言ったら
もう僕は幼児ではありませんから、って言うんだよ。子どもはちゃんと育ってくんだよね~」

とも仰いました (^-^)



そのお話を伺ってから レッスンで気になることがあっても
私は とにかく まずは信頼構築 そして 少しずつこちらの話を聞いて貰えるように!
と 時々自分に言い聞かせて 気長にやっています。

生徒のお話をちゃんと興味深く聞いてあげることを繰り返し
だいぶ信頼関係が出来てきたら

 「ほらほら 今度は先生がお話してるよ。
お話してる時は目を見て 手はお膝において聞いてね。」と伝えます。

時には「お話聞いてもらえないと どう思う?」 
「先生も○○ちゃんとおんなじで お話聞いて貰えないと悲しいんだよ。」
というような言い方で 自分が先生なら・・・ということに気付かせて伝えることもあります。

それから何回も レッスンの度に また一度のレッスンの中で何度も
同じことを注意しつつ だんだんレッスン出来る時間が長くなってくる
・・・といったところですね ^^

子どもさんによっては 本当に一進一退を繰り返しながらですし 
その日の気分によっても違ってきますから 根気よく待つ ということが必要ですね。 

でも 本当に 
上記の先生が仰ったように 年齢と共に 子どもってどんどん成長して
あの子がもうこんなに落ち着いちゃって・・・先生に敬語まで使っちゃって・・・ と
嬉しいような 寂しいような 気持ちになるものですよね。。

そうなると 段々と 個性も見えにくくなる気がしますから
小さい頃のその子の個性を よく見て よく感じて 覚えていてあげたいな と
思っています。


わぁ・・・長くなってしまいました!

上記の先生の素晴らしいお話 と 
私のレッスンのモットー(こちらは大したものではありませんが)

同業の先生方や生徒さんの保護者の皆様にも参考になると良いなぁ と思います♪




生徒さん達全員ではないのですが、
以前 将来の夢について書いて貰ったり 聞いたりしたことがあります。

『ぴあれんキッズ』というレッスンダイアリーに そういう具体的な夢を描くページがあり
それを機会に夢を具体化して 今何をすべきか・・・というようなことを意識できたら
モチベーションもアップ!・・・と うまく行けばそうなることを期待しつつ。。^^

それで・・・結構驚いたんですが、子ども達って 先生や親が思うより 
ずっと大きな夢を持っているんですよね~

いえいえ、最初は実現可能に思える夢・・・例えば、ピアノの弾けるケーキ屋さん
みたいな、可愛い夢だけしか書いていなかった子が殆どだったんです。

大人の目を気にして 「そんな大それたことを~」とか 「ダメダメ!」とか
「無理よ~」とか・・・そういう悲しいことを言われないように防御しているのでしょうね。

私も 小学生の時は そんなところがありました。
本当はミュージカル女優とか 歌手になりたかったのに 
親にも先生にも「小学校の先生になりたい」と言っていましたもの ^^;


でも、
 “実現できるかどうかなんて考えないで とにかく 思いつくなりたいものを
全部書いてきてね!”
との 私の一言で 一転 “ピアニスト” と書いた子が何人も!


これは 「ピアノが好き」 という気持ちと 頑張っている自分を認める気持ち
そして それが報われてもっともっと進歩したい! という欲が生まれている
という証拠なんじゃないか と とても嬉しく感じました (*^-^*)


でも ピアニスト と書いたはいいけれど 自信無さそうな子が殆どだったので
話したんですよ、いくつかのピアニストの方の例。。

13歳でピアノを始めてピアニストになった方のこと

お医者さんや数学の先生をしながら ピアニストとして 海外でも
リサイタルをしていらっしゃる方々のこと 

盲目のピアニスト数名のお話 

子どもの頃指を3本失くして でも 夢を諦めず
ジャズピアニストとして活躍している 私の大切なお友達の話・・・などなど。。

色々な方の話を 驚きの表情と キラキラした目で 聴き入っていた子ども達に

「あなたには いくらでも可能性がある」
「だから 大きな夢を実現させる為に これからどうやっていくか 
そして 今 どうすべきかを 先生と一緒に考えて 進めていきましょうね」

って 言葉を掛けました。


本当に それが真実なのです。


子ども達の夢は どんな夢でも 本当は 実現可能なのです。

でも 大人になってしまった私達は 得てして 困難な道程を思い浮かべ
最初から 子ども達の持つ力を 不安に思いがち。。

「無理なんじゃないのかな」「そんな大それたことを夢見て 挫折したら可哀想・・・」
などなど 心配になったりしますよね。

でも 私達大人は レールを敷いたり 逆にストップをかけたりするのではなく

子ども達が 夢をしっかり描き 自分を信じて進めるよう
キラキラしたその目の輝きを持続させてあげることに 懸命にならなければならない 
と思います。


まずは 素晴らしいその夢を認め 子どもの持つ可能性を大いに信じ

大人である故に子ども達より先に見えてしまう 困難な道に
どう 子ども達が耐えられるのか 

どうすれば崩れてしまわずに立ち向かえるのか

それを考えつつ 共感をしてあげる存在で居られたら・・・と思います。


夢に対しては いつでも本気。

そんな姿勢を 私は見せていってあげたいなぁ。。


ピアニストになりたい といった子ども達が
もっともっと具体的にその姿を描くことが出来るよう

私は 指導者として 精進あるのみ! です p(^-^)q

お勧めの映画 『ピアノの森』のDVDが出たようです(@^▽^@)

内容も面白いですし 何より音楽に向き合う者として
色々と考えさせられる場面がある映画です。


例えば ピアノを習う者としては

“ピアノを奏でるとはどういうこと?”
“忠実に上手に弾くことが大事なの?”


例えば ピアノを子どもに習わせる親として

“練習は何の為? どういう目的?”
“子ども達の為のピアノにする為に 何を大事に見守るべきなの?”



“本来 音楽とは 人の心にどんな意味を齎すものなのか”
“音楽を奏でるって その醍醐味って どんなことなのか”

そんなことを 
この映画の様々な場面から感じて 考えてみて頂けたらな と思います。


音楽って 人の生き様だったり 心の動きだったり
そういうものが溢れ出るからこそ良いのです

決して 技術だけで奏でられるものではない ということ
また 先生の真似事をするのが演奏ではない ということを
再確認できる映画ですよ (^-^)


私も この映画を観て 改めて 
“教えられたことを守る演奏” ではなく “自ら考える演奏” を引き出すレッスンを! 
という 自分の 講師としてのモットーを再確認しました♪

ぜひぜひ 観てみて下さいね!


更新が途切れ途切れになっていて すみません。。

実は 忙しくなった11月頃から 体調を崩していて
その中での 育児、家事、レッスンの“3本立て”生活で 
なかなか パソコンにゆっくり向かうことが出来ず

ピアノについての記事はいい加減ではいけない・・・という思いが
更新を途切れさせてしまっておりました。。


今年の初詣でのおみくじに “色々と欲張らず 抑え気味にすること”
というようなことが書いてあり・・・なるほど 今の私にぴったりの言葉だな・・・と。。

やらなくてはいけないことも やりたいことも 山のようにあって 

私の課題は 具体的に“期限”と“優先順位”をつけること。

そして
その為に 以前も言いましたが 自分の“基準”をはっきりさせることが
何より大切なんですよね~


レッスンも家事も育児も 待ったなしですから
体調が戻るよう 色々と確認中 です♪

ずっと更新なし で すみません。
年末に実家に帰り そのままバタバタとしておりました。


皆様 新年おめでとうございます♪ (*´▽`*)


お節料理・・・今年は実母と一緒に作るので
伝統的なものは母に任せて

私はちょっと変わったものをいくつか作りました。
洋風や中華風のものも。。

なかなか好評で ホッとしています(^-^)


さてさて

今年は 主婦として 母としての目標も
レッスンに関しての目標も 多々あり

とにかく 自分自身の学びを 強化する年にしたいと
意気込んでいます


 学び 向上し それをしっかり実践する年に!


今後とも 宜しくお願い致します m(_ _)m





| ホーム |



skin by Dreamy

Entries         

Comments        

Trackbacks        

Category        

Link          

plugin_third       

[最近のコメント]

plugin_first        

plugin_second         

[プロフィール]

まりこピアノ

Author:まりこピアノ
ピアノの生徒さん達と
驚きと発見の日々を 楽しんでいる
主婦で 3児の母です♪

[メールはこちらから。。]

名前:
メール:
件名:
本文:






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。